EV BLOG

冬の北海道 札幌→帯広 約200㎞を日産リーフ(40kWh)走行記録

#ドライブレポート

日産自動車の浅井です。

久しぶりの北海道での
日産リーフで走ってみた レポート です。

昨年公開した
札幌→旭川
旭川→札幌
札幌→函館
函館→札幌
レポートとあわせてお読みください。

日産EVブログをご覧の皆さま、こんにちは。レポート担当Hです。

2018年末、うれしいニュースを発見しました。
NEXCO東日本北海道支社 プレスリリース
新たに10カ所のSA・PAで電気自動車の急速充電が可能となります

これは行かねば!
ということで行ってまいりました!北海道!
札幌~旭川
札幌~函館は走った事があるので、今回は

札幌から帯広を目指します。

 
ルートの確認

札幌から道央自動車道、道東自動車道を利用して帯広へ。距離は約200㎞。山越えです。
トマム付近までの約150㎞がのぼり勾配、それ以降の約50㎞がくだり勾配です。

充電スポットの確認

札幌→帯広間の高速道路には4カ所充電スポットがあります。

道央自動車道
・輪厚PA

道東自動車道
・由仁PA
・占冠PA
・十勝平原SA

参考リンク
NEXCO東日本 EV急速充電スタンド

事前の予想

「距離200㎞はタイヤと暖房の影響が大きい冬じゃなければ途中充電なしで行ける距離。ただし今回は真冬で山越えだから途中1回は充電必要だろう」

「一番近い充電スポットの輪厚PAはスタートから約20㎞だから充電は必要なし。由仁PAも60㎞ぐらいでちょっと近い。一番遠い十勝平原SAはスタートから約175㎞で、電池残量10%切るぐらいになるだろうから、先客がいても待たざるを得ない」

「ちょうどいいのは占冠PA(スタートから約115㎞)。占冠PAでもし先客がいて待ち時間が20分以上になるようなら、十勝平原SAで充電しよう。そこで待つことになったら仕方ない」

途中のSA/PAに急速充電器があり、
途中で1回充電するつもりだったので、
気にしていたのは充電の順番待ちをいかに避けるかということだけでした。

 
結果
日産リーフ(40kWh)札幌市中心部を出発

札幌市
スタート時はご覧のように日陰はカチカチに凍った路面、陽が当たる場所や幹線道路はシャーベット状の雪が残っている状態でした。
一般道はいつものようにe-Pedal ONで走行。

参考リンク雪上で活きる1/10,000秒の制御技術!

電池残量 98%
航続可能距離表示 166km(ちなみに暖房OFFにすると228㎞でした※)
外気温 -5℃

※充電量が多い、または外気温と設定温度の差が大きくなるほどエアコンON/OFFによる航続可能距離の変化は大きくなります。

(↓走行距離116.6㎞)

道東自動車道 占冠PA(下り)で急速充電中の日産リーフ(40kWh)

占冠PA(下り)
スタートから約2時間経過。

到着時の電池残量は25%、航続可能距離表示は54㎞。
外気温 -5℃

十勝平原SAまで充分行けるなという予想でしたが急速充電器が空いていたので、ここで21分充電

ちなみに占冠PA到着時点の電費は5.3㎞/kWhでした。
この先トマムICを越えればくだり基調になるので電費も伸びます。

(↓走行距離80㎞)

日産リーフ@帯広

帯広市
午後の最も気温が高くなる時間帯でしたが
外気温 -3℃

電池残量28%
航続可能距離表示 74㎞
全行程平均電費 5.8㎞/kWh←占冠PAより0.5改善
平均時速 58㎞/h

札幌市→帯広市 距離196.6㎞、途中充電1回21分でした。

気温は最高でも-3℃(翌朝は-13℃を確認)。
もっと電費が悪くなるかと思っていましたが、名古屋→諏訪の時と同じような電費でした。

帯広名物 豚丼

帯広では名物 豚丼をいただきました。

基本的に
一般道 e-Pedal ON
高速道路 プロパイロットON
で走っています。

 

記録詳細
クリックするとメーター写真が確認できます。

札幌市
98%
166㎞

輪厚PA(スタートからの距離22.2㎞ 以下同)
85%
142km

由仁SA(65.5㎞)
60%
119㎞

占冠PA(116.6㎞)
21分充電後メーター
25%→67%
54㎞→144㎞

十勝平原SA(174.8㎞)
39%
107㎞

帯広市(196.6㎞)
28%
74㎞
全行程平均電費 5.8㎞/kWh

日産リーフの使い勝手を体験していただけるモニター試乗キャンペーンを実施中です。
ぜひお近くのお店でお試しください。

日産リーフモニター試乗 申込ページ

~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2017年モデルの日産リーフ(40kWh駆動用バッテリー搭載車)。
Gグレードです。

乗車人数は常時は2人。
エアコンは常時暖房使用(22℃設定)。ステアリングヒーター、クイックコンフォートシートヒーターもほぼ常時使用しています。
走り方は流れに合わせています。

電費は、ガソリン車でいう燃費に相当する言葉で、電気1kWhで何キロ走ることができたかを表す数値です。数値が大きくなるほど効率がよいことになります。

プロパイロットは高速道路や自動車専用道路でご使用ください。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
普通充電は利用時間に応じて料金が必要(1.5円/分)です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。

なお、本記事中に電池残量等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報は2019年1月時点のものです。

TOPに戻る

<注記>