EV BLOG

お盆のUターン時期に神戸→茅ヶ崎 約480㎞を日産リーフ e+(62kWh)走行記録

#ドライブレポート

日産リーフ e+ @台風近づく神戸

今回のレポートの概要
神戸→茅ヶ崎
走行日 2019年8月14日
天気 晴れのち一時雨
乗車人数 1名(+水48L)
距離 481.4㎞
全行程所要時間 9時間30分
うち走行時間8時間35分(一般道含む)
途中充電2回36分(30分+6分)

神戸→茅ヶ崎レポートと合わせてお読みください。

ルートの確認


兵庫県神戸市を出発。
高速道路をひたすら東へと走ります。距離約480㎞の道のりです。

充電スポットの確認

神戸→茅ヶ崎の高速道路には15カ所充電スポットがあります。

阪神高速
・京橋PA

名神高速道路
・吹田SA
・桂川PA
・草津PA

新名神高速道路
・土山SA
・鈴鹿PA

伊勢湾岸道
・湾岸長島PA

東名高速・新東名道
・刈谷PA
・岡崎SA
・浜松SA
・静岡SA
・清水PA
・駿河湾沼津SA
・足柄SA
・鮎沢PA

参考リンク
阪神高速 電気自動車用急速充電器があるPA
NEXCO西日本 (EV)急速充電スタンド
NEXCO中日本 EV急速充電スタンド

事前の計画

茅ヶ崎→神戸も、似たような距離の大阪→東京も途中充電1回だったから、今回も充電1回で行けるだろう」

「でも休憩何回かするから、空いてたらちょい足しもしよう。別に頑張る必要ないし」

という感じでした。
往復ドライブの場合は、復路は様子がわかっているので気楽です。

結果

神戸出発時 日産リーフ e+(62kWh) 水48Lを積んでます。
神戸10:26出発
茅ヶ崎→神戸と同じく、旅の相棒(水48L)がリーフ e+にのっています。

電池残量 99%
航続可能距離表示 425km

台風が近づいていました。
神戸を中心にもう少し走ってみる予定だったのですが、切り上げて台風上陸前に神奈川県に戻ることに。

(↓走行距離36.3㎞)

日産リーフ e+(62kWh)@吹田SA(上り)
吹田SA 11:06到着
ここまで36.3㎞(目的地まで残り約450㎞
スタートから40分経過。混んでました。

スタートからわずかですが、この先京都~大津付近が渋滞だったので、その前にトイレと朝ごはん代わりの軽食休憩。

電池残量は90%あったので充電はせず(90%から充電しても充電スピードが遅く、大して充電できないのに電池の温度が上がるだけです)。

電池残量 90%
航続可能距離表示 370㎞
この時点での電費 6.5㎞/kWh

(↓走行距離135.8㎞)

日産リーフ e+(62kWh) 湾岸長島PA(上り)で急速充電中
湾岸長島PA 13:55到着
ここまで172.1㎞(目的地まで残り約310㎞
吹田SAから約3時間弱経過。

今回は京滋バイパスを走行。
大山崎IC~瀬田東ICが断続的に渋滞していました。
甲南PA付近では一時雨。

湾岸長島PA(上り)の急速充電器が空いていたので、お昼ごはんがてら30分充電。

電池残量 51%
航続可能距離表示 206km
この時点での電費 6.3㎞/kWh

30分充電後
電池残量 88%
航続可能距離表示 356km

(↓走行距離167.2㎞)

日産リーフ e+(62kWh) @静岡SA(上り)
静岡SA 16:31到着
ここまで339.3㎞(目的地まで残り約140 ㎞
湾岸長島PAから約2時間経過。

目的地まで行ける計算でしたが、到着時点で残り5%ぐらい(それでも15~20㎞ぐらいは走る計算なんですが)になると思っていました。静岡SA到着時点で急速充電器が空いていたので、ちょい足しすることに。

電池残量 41%
航続可能距離表示 176km
この時点での電費 6.4㎞/kWh

6分充電後
電池残量 48%
航続可能距離表示 201km

トイレに行って、飲み物買って戻ったらちょうどZE0リーフがSA内に入ってきたところだったので6分で充電ストップして出発。

静岡SA(上り)では5分35秒だけ充電
正確には5分35秒充電。

(↓走行距離142.1㎞)

茅ヶ崎市到着時 日産リーフ e+(62kWh)メーター エアコンON
茅ヶ崎 19:56到着
ここまで481.4㎞
静岡SAから約3時間経過。

御殿場付近から雨。そして渋滞。
足柄SA付近からは夜のドライブでした。

電池残量 11%
航続可能距離表示 54km
全行程平均電費 6.6㎞/kWh

神戸→茅ヶ崎 距離481.4㎞、
途中休憩3回、
うち充電2回36分(30分+6分)

でした。

平均時速 56㎞/h
(一般道での走行を含む全体の平均時速です)

全行程所要時間 9時間30分
うち
走行時間8時間35分

充電の基本的な考え方
はいつものようにこう考えていました。

・ここで充電しないと次のスポットまで行けない!という状況まで引っ張らない。
・充電はピンポイントで考えず、区間で考えて、その間で充電器が空いていれば充電する。
・充電器が複数あるところを有効に使う。
・情報をうまく使う(スマホアプリ高速充電なびやNissanConnect EVアプリをご活用ください。運転中にスマホの操作は絶対しないようにしてください。中の人は表示させっぱなしにしています)

今回の場合
湾岸長島PA~浜松SAで充電するつもりで出発。
湾岸長島PAの急速充電器が空いていたので30分充電。
静岡SAを通るタイミングで急速充電器が空いていたので、トイレ休憩がてらちょい足し充電。
という感じでした。

充電もスムース。
ほとんどプロパイロットを使っていたので
渋滞ありの長時間のドライブでしたが快適なドライブでした。

記録詳細
クリックするとメーター写真が確認できます。
前後の写真もご覧いただくとバッテリー温度メーターもご確認いただけます。

神戸
99%
425㎞

吹田SA(スタートからの距離36.3㎞ 以下同)
90%
370㎞

湾岸長島PA(172.1㎞)
30分充電後メーター
51%→88%
206㎞→356㎞

静岡SA(339.3㎞)
6分充電後メーター
41%→48%
176㎞→201㎞

茅ヶ崎(481.4㎞)
11%
54㎞
全行程平均電費 6.6㎞/kWh

~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2019年モデルの日産リーフ e+(62kWh駆動用バッテリー搭載車)。
Gグレードです。

乗車人数は常時は1人ですが、水48Lを積んでいます。
エアコンは常時ON。
走り方は流れに合わせています。
基本的に一般道 e-Pedal ON高速道路 プロパイロットONで走行。

電費は、ガソリン車でいう燃費に相当する言葉で、電気1kWhで何キロ走ることができたかを表す数値です。数値が大きくなるほど効率がよいことになります。

プロパイロットは高速道路や自動車専用道路でご使用ください。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
普通充電は利用時間に応じて料金が必要(1.5円/分)です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。

なお、本記事中に電池残量等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報は2019年8月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

TOPに戻る

<注記>